金の読み、画数、部首

読み

書き順

「金」の書き順は KanjiVG (Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0) を引用しています。

KanjiVG

注意

金は「こがね」と読まない。「こがね」を訓読みとするのは誤り。

意味

きん(美しく光るもの)。おかね。

例文

金を発見する。

お金をかせぐ。

借金を重ねて自己破産する。

途方もない努力によって彼は大金を稼いだ。

彼女は彼に金を貢いで、結局騙されてしまった。

子どもの養育費にお金がかかる。

第一に重要なものは金である。

貯金が一億円貯まる。

出資者の金を口座に入れる。

金の亡者と言われる。

金属には展性がある。

斡旋業者に法外な金を渡す。

罰金を支払う。

かつて貨幣経済は中央銀行の金保有量で信用がはかられた。

情報を金で買う。

運河の建設に多額の資金援助が必要だった。

金融会社に勤める。

乞食が金を拾う。

彼らは金持ちの様子を嫉妬と羨望の眼差しで見ていた。

預金の金利がほとんどない。

債権の売買にあたって金融商品取引法が適用される。

彼は悪知恵を働かせて友人から金を奪おうとした。

有り金を全部つぎ込んだが、賭けは全部失敗に終わった。

銀行から金を借りて会社を起業した。

借金返済に苦しむ。

高速道路の料金所付近で渋滞ができている。

彼は悪魔的な知恵を働かせて、会社の金を横領した。

一攫千金を狙って金脈を探す。

Synonym

姓名判断

夢占いサイト

色辞典

数の辞典

教育総合サイト

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© 漢字辞典 Kanji All rights reserved.