女の読み、画数、部首

読み

書き順

「女」の書き順は KanjiVG (Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0) を引用しています。

KanjiVG

注意

「めあわせる」という訓読みは誤り。「めあわせ」という単語は現代でほとんど使われない。また女は「むすめ」とは読まない。「むすめ」は娘と書く。

例文

彼は彼女の手料理に満足した。

試験でカンニングした結果、彼女は大学から退学処分を受けた。

男女平等を訴える。

みんなが彼女の無事を祈った。

彼女は世の中の辛酸をなめていた。

花言葉を知って彼女の言いたかったことを理解した。

彼女は才能豊かな人物である。

才色兼備の女性と出会う。

彼女と話しても全く面白くない。

彼女が彼に道案内したことがきっかけで、二人は交際するようになった。

彼女は彼を執拗に責めた。

彼女は彼に金を貢いで、結局騙されてしまった。

彼女は特別待遇に満足げだった。

泉から斧を持った女神が出てきた。

私の誘いを断って彼女との予約を優先した。

彼女の態度が豹変した。

彼女に逢いたいとばかり言っている。

彼女は愛嬌のある顔をしている。

彼女は邪悪な宗教にはまってしまった。

彼女は過激な発言で注目を浴びている。

彼女は調子に乗って友人を侮辱した。

彼女は劇団に入って無名の俳優になった。

彼女の劣悪な犯行が裁判で焦点になった。

彼女は我田引水に自分の要求ばかりを通す。

彼女は突然の雷鳴に驚いた。

彼女はもうすぐ臨月をむかえる。

彼らは異口同音に彼女を悪く言った。

彼女は子育てに奮闘している。

彼女を盲信するあまり、最近高価な壺ばかりを買っている。

彼女は傲岸で無知だった。

彼女は政治家を軽蔑していた。

彼女の舞台が終わると拍手が鳴り響いた。

彼女はいつもやる気がなくて萎えている。

彼女は訳ありの感じだった。

男は浮気して、女は愛想が尽きた。

彼女の話が気になって夜は眠れなかった。

女将が天ぷらを盛り付ける。

彼女は八方美人で誰にでもいい顔をする。

彼女はいつも優柔不断で、決断力に乏しい。

彼女は他人に優しく、自分に厳しい。

彼女は十二星座の占いに夢中だ。

ハロウィンで魔女の格好をする。

中世のヨーロッパでは魔女狩りが行われていた。

彼女はしばらく悲嘆に暮れていた。

姓名判断

夢占いサイト

色辞典

数の辞典

教育総合サイト

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© 漢字辞典 Kanji All rights reserved.