生の読み、画数、部首

読み

書き順

「生」の書き順は KanjiVG (Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0) を引用しています。

KanjiVG

意味

いきる。うむ。うまれる。いのち。

例文

工場が鉄を生産する。

彼は一生懸命頑張っている。

彼は怠惰な生活を送っている。

生命の起源を研究する。

その先生は言うことのきかない生徒を叱った。

この度、先生の助手に任命されました。

フォードはアメリカで初めて、自動車を大量生産した。

しばらく放蕩生活を続ける。

小学生になって九九を覚える。

円満な生活を送った。

鬼は角を生やしている。

湖の近くで野生動物の写真を撮る。

この辺りは野生の鹿がよく出没する。

生物の系統で言えば、キノコと人間は全く別種である。

彼は貴族階級に生まれ、大衆文化を身につけた。

彼は合唱団に入ってから生き生きしている。

発生から数時間が経っても、近所の住人は事件が起きたことに気づかなかった。

幸福な人生を送る。

生徒たちが順番に発言する。

大学の生協でノートを買う。

混血を重ねて新しい種がやがて生まれる。

生命保険に加入する。

生体の防衛反応を研究する。

生徒の雑談を注意する。

水蒸気が発生して爆発する恐れがある。

人間が誕生してから生物の環境は一変した。

食生活が乱れて不健康に一直線だ。

フランスやドイツなどのヨーロッパ諸国は出生率の低下を補うためにさまざまな政策をおこなってきた。

大正時代は多様な文化が生まれた時代であった。

髭を生やして男らしさを持つ。

生誕祭を祝う。

宿題を忘れて先生に怒られる。

生物は競争に勝たない限り生きることはできない。

教師が生徒に英語を教える。

生産力を上げるために海外に工場を作る。

絵を描くことを生業としている。

虫の生息を研究する。

生き物は弱肉強食で生きている。

貧困は英雄を生む。

資本主義は豊かな社会を生み出した。

生物には多様性がある。

先生はよく授業を延長して休み時間を減らしていた。

彼は退職してから憂鬱な生活を送った。

産業が復興して人びとの生活水準が向上した。

混沌とした社会でがむしゃらに生きた。

貪欲に生きていく。

亀は長生きすると言われている。

千葉県は梨の生産で有名だ。

九死に一生を得た。

充足した生活を送る。

先生に厳しく怒られて、彼はずっとうなだれていた。

一年生の間にきちんと数学を勉強しないといけない。

池の中から鯉みたいな生き物が出てきた。

彼は中学生になってから素行不良になり、学校を中退してしまった。

三角比の計算によってピラミッドが生まれた。

生物の解剖実験は耐えられない。

生きるか死ぬかの瀬戸際。

生徒の着席を待つ。

花子は同級生に嫉妬していた。

崖から滑り落ちるように、彼の人生は転落していった。

姓名判断

夢占いサイト

色辞典

数の辞典

教育総合サイト

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© 漢字辞典 Kanji All rights reserved.