子の読み、画数、部首

読み

読み

書き順

「子」の書き順は KanjiVG (Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0) を引用しています。

KanjiVG

注意

子は「おとこ」と読まない。子を男子や成人男性とする解釈は誤り。

意味

こども。小さいもの。優れた人。十二支のはじめ。

例文

最近調子が悪い。

喜色満面な様子に誰もが安堵した。

玉子を運ぶ。

王子様とお姫様が結婚した。

大腸菌を電子顕微鏡で見る。

調子に乗って努力を怠った。

帽子を脱ぐ。

粒子が室内を運動する。

子どもの養育費にお金がかかる。

孔子は仁と徳について説いた。

彼は聖人君子と言われた。

二人は双子でないが顔が似ている。

子どもを幼稚園に入れる。

聖徳太子は厩戸皇子ともいわれる。

蘇我馬子は聖徳太子に協力して仏教を広めた。

茄子を茹でる。

子どもの成長を見守る。

彼女は調子に乗って友人を侮辱した。

息子はすっかり大きくなった。

子どもたちは図画工作の授業で木を扱った。

育児休暇をとって子どもと一緒に過ごす。

彼女は子育てに奮闘している。

子どもが悪いことをしたので叱りつける。

彼らは金持ちの様子を嫉妬と羨望の眼差しで見ていた。

当時は皆、寺子屋で勉強していた。

電波の調子が頗る悪い。

原子の中に電子がある。

電波の調子が多分原因だ。

遺伝子組み換えの作物をなるべく口にしない。

分母が違う時は、分子をそのまま足すことができない。

団子を食べ過ぎて太る。

日本は少子高齢化が進んでいる。

花子は同級生に嫉妬していた。

その双子は、顔はそっくりなのに性格は真逆だった。

子どもが七五三の歳になる。

姓名判断

夢占いサイト

色辞典

数の辞典

教育総合サイト

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© 漢字辞典 Kanji All rights reserved.